リハビリ科のご案内

ご挨拶

リハビリテーションとは、何らかの病気が原因で心身が不自由になった方に対し、医師の指示のもと社会復帰や日常生活の再獲得、その方に最適な生活、人生が送れるよう支援することです。私たちは医療専門家として、患者様により良いものを提供できるよう日々取り組んでいます。

業務内容

脳卒中(急性期〜維持期)、骨折、神経痛、スポーツ障害など脳血管疾患、運動器疾患、呼吸器疾患に対しリハビリテーションを行なっております。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が在籍しており、急性期から維持期、外来リハビリまで幅広く行なっております。経験年数豊富なセラピストも在籍しており、新人教育、部署内勉強会、カンファレンスも開催し、質の高いリハビリテーション医療を提供すべく努力しております。

理学療法とは。基本動作(寝返り、起き上がり、立ち上がり)、歩行、スポーツリハビリを担当し、早期復帰を目指します。物理療法や、関節拘縮、筋力低下、脳卒中後の麻痺、痛みなどに対してのリハビリも行なっております。

作業療法とは。上肢や手の骨折、末梢神経障害などのハンドセラピィ、日常生活動作(食事、更衣、排泄、入浴)や自宅環境調整、自助具の考案など、患者様に合わせた「その人らしい生活」が送れるよう提供させていただきます。

言語聴覚療法とは。「話す」「聞く」「読む」「書く」などのコミュニケーション能力の獲得、高次脳機能の評価・訓練、食べ物を飲み込む(摂食・嚥下)機能評価・訓練を行なっています。

所属学会
日本理学療法士協会
日本作業療法士協会
日本言語聴覚士協会
日本静脈経腸栄養学会
日本リハビリテーション栄養学会
日本抗加齢医学会

現場スタッフより

医師・看護師・医療スタッフと連携し、チーム医療の一員として患者様・地域へ貢献できるようリハビリテーションを提供していきます。